RIZeST

(株)ヤマハミュージックジャパン、ヤマハ(株)|セミナー及び意見交換会を実施しました

6月11日、株式会社ヤマハミュージックジャパン様より機材セミナー、ヤマハ株式会社様も交えてeスポーツイベントの現場で使用する機材についての意見交換をさせていただきました。
eスポーツの現場において、音響機器はなくてはならない存在です。
オンライン / オフラインの現場には、実況解説マイク、ゲストマイク、ゲーム音、選手ボイス、会場用BGM、効果音などたくさんの音が混在しています。これらを調整し一つにまとめることによって、快適な音を皆様にお届けすることができます。
逆に言えば、調整ができないと急な銃撃戦で鼓膜が破れそうになったり、シャウト実況が音割れを起こしたり、BGMが大きすぎて出演者が話している声が聞こえない、というようなことが起こってしまいます。
快適な音響を届けるために必須になってくるのが、「ミキサー」と呼ばれる機材です。たくさんある音を一つにまとめる役割を担います。RIZeST、e-sports SQUAREもヤマハ製ミキサーを愛用しています。

今回は、ご縁あってヤマハミュージックジャパン様より機材セミナーを開催いただき、ネットワークオーディオ技術「Dante」をはじめとする技術のご紹介や活用方法、製品ラインナップのご紹介をいただきました。
よりクオリティの高い放送をお届けできるような技術を学び、どのようにしたらeスポーツの現場に組み込むことができるのかなど議論しました。専門家のアドバイスをいただくことで、より明確なイメージにつなげることができました。

また、ヤマハ様も交えてeスポーツイベントの現場ではどんな音・ネットワークの環境があるのか、課題に思っている点などをRIZeST目線で挙げさせていただき、意見交換をしました。新たな発見と学びに繋がるお時間をご一緒させていただきました。
このセミナーを通じて、改めて開発者の皆さんや機材によって現場が支えられているのだと、深く感じました。ありがとうございました。

セミナーや勉強会を通じ、日々進化できるようRIZeST一同邁進いたします。
今後もRIZeSTでは「eスポーツ×音」の分野を中心にヤマハミュージックジャパン様と連携をとっていきより進化した競技シーンやイベントの実施、施設開発、人材育成をすすめていきます。
----
ちなみに、ヤマハミュージックジャパンご担当者はVALORANTをプレーされているそうです。次回、企業対抗戦、楽しみにしています!
----

株式会社ヤマハミュージックジャパン
https://jp.yamaha.com/about_yamaha/yamahamusicjapan/index.html

ヤマハ株式会社
https://jp.yamaha.com/

ミキサー機器一覧
https://jp.yamaha.com/products/proaudio/mixers/index.html

  • # news

2020.6.26 up