サイバーエージェントグループ、RIZeSTが手掛けるコミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」の日本国内リリースを決定 サービスリリースと同時に「PLAYHERA JAPAN」を設立予定のお知らせ

公式WEBサイト:https://japan.playhera.com/
公式ツイッター:https://twitter.com/PLAYHERA_JP

iOS :https://apps.apple.com/jp/app/id1449021935
Android :https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hera&hl=ja

eスポーツエンターテイメント事業を展開する 株式会社RIZeST(ライゼスト、本社:東京都千代田区、代表取締役:古澤 明仁(以下、RIZeST))は、株式会社CyberZの連結子会社として、株式会社CyberZとの合弁会社を設立し、新たなeスポーツ大会&コミュニティ プラットフォーム「PLAYHERA(プレイヘラ)」をリリースいたします。

PLAYHERAとは、eスポーツ大会をオンライン上で簡単に開催でき、ユーザーエントリーからトーナメント作成、大会進行までワンストップで運営/管理が可能なeスポーツ大会プラットフォームです。

β版として「PLAYHERA」のスマートフォンアプリを9月10日(火)にリリースし、株式会社CyberZの連結子会社として、株式会社CyberZとの合弁会社である「PLAYHERA JAPAN株式会社」の設立を予定しております。(代表:RAGE総合プロデューサーの大友真吾氏が就任予定)

プロのeスポーツシーンから、ゲームコミュニティまで幅広くイベント数が増加している中、オンライン/オフライン大会で多くのeスポーツ大会を運営してきたCyberZ社とタッグを組み、「PLAYHERA」を通して、さらなる日本国内のeスポーツ大会の普及促進につなげてまいります。


<「PLAYHERA」の特徴>


・エントリーから大会進行まで「PLAYHERA」アプリ1つで運営が可能。
・ユーザーは無料で「PLAYHERA」アプリを利用でき、様々な大会に参加可能。
・「PLAYHERA」のチャット機能にて主催者と選手、選手間のコミュニケーションが可能。
・対戦相手と共有するルームNo.やサーバーIDなどが対戦画面のチャットボックス内にて共有可能。
・PUSH通知によるスムーズでユーザーファーストな大会進行が可能。
・eスポーツに特化したSNS機能が利用可能。(β版)

今後設立予定のPLAYHERA JAPAN株式会社は、IPホルダー、大会オーガナイザー、ユーザー(選手/チーム)、スポンサーなどeスポーツに関わるあらゆるステークホルダーにとって必要不可欠なプラットフォームになれるよう、サービス開発/運営し、成長が期待される日本のeスポーツ市場の発展に努めてまいります。

※「PLAYHERA」のプロダクト開発は「DIGITAL APPLICATIONS COMPANY LIMITED」がおこなっております。
※β版では、一部のIPホルダーやオーガナイザー、コミュニティなどに大会オーガナイザーアカウントを提供し、定期的に「PLAYHERA」上で大会開催をおこなってまいります。β版リリースにあたり、大会主催希望者も「PLAYHERA」のWEBサイトより募集しますので、是非お気軽にご応募下さい。

  • # news

  • # portfolio

2019.9.10 up